カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

北九州・小倉エリアで人気の結婚式場リスト

こだわりで選ぶ おすすめの結構式場

HOME » 知っておきたい結婚式にかかるお金のハナシ » お車代を渡して気持ち良く結婚式に参加してもらおう!

お車代を渡して気持ち良く結婚式に参加してもらおう!

遠方からのゲストがいるなら早めに考えておこう

遠方にいる親族や友人を招く場合、考えなければならないのがお車代です。遠方からわざわざ結婚式に参加してもらう場合、ゲストに交通費の負担がかかります。遠くから来てもらうことへの感謝を示すためにもお車代を用意するようにしましょう。

お車代を用意するときには、金額設定に注意する必要があります。ゲストの負担に対してお車代が少なすぎると不満が出ますし、逆に多すぎても相手は受け取りにくいものです。

金額を設定する際には、特急料金や航空費が発生するかということや、交通費と宿泊費の合計が2万円を超えるかどうかを基準に考えてください。

お車代の相場

お車代の具体的な金額を考えるために、相場を把握しておきましょう。ゲストの立場や交通費の負担額によってお車代は変化します。

  • 主賓や准主賓→1万円以上
  • 主賓や准主賓というのは、ゲストの中でもとてもお世話になっている方々ですし、結婚式で祝辞や乾杯の音頭を依頼するため、お礼の気持ちを込めて多めにお車代を用意します。

    往復の交通費を考え、それよりもやや多くてキリの良い金額で設定します。

  • 仲人や媒酌人→1万円以上
  • 遠方からの参加なら往復分の交通費を、そうでない場合は往復分のハイヤー代を用意します。

  • 遠方からのゲスト→交通費の半額~全額
  • どのくらいの距離を遠方とするかの基準は、往復の交通費が5,000円を超えるか、交通費と宿泊費の合計が2万円を超えるか、飛行機や新幹線などを利用するかなどで考えることができます。

    相手に気を使わせないよう、どのくらいの交通費がかかるのか調べた上でふさわしい金額を用意してください。飛行機や新幹線のチケットを事前に贈るという方法もあります。

  • 親族へのお車代は両親に相談して決める
  • 親族にお車代を渡すかどうかは各家庭によって大きく異なります。今まではどうしてきたのか、いくらくらい渡せば良いのかなど、親族間での決まりがわからないなら両親に相談してください。

宿泊費はどうしたらいい?

遠方から結婚式に出席してもらう場合、宿泊費が必要になることもあります。

交通費に加えて宿泊費もゲストに出してもらうことになると負担が大きくなるので、ある程度新郎新婦側で負担するようにしましょう。

しかし、どちらの費用も全額負担することは予算的に難しい場合があります。そうしたときは、交通費か宿泊費どちらかを負担する方法や、それに加えて負担しなかった方を控えめに用意する方法でも大丈夫です。

ゲストを呼ぶ際には、事前にお車代をどうするのか伝えておいてください。

お車代の渡し方

結婚式でお車代を渡す場合、金額だけではなく渡し方にもマナーがあります。渡す相手の立場によって渡し方は異なるので、しっかり把握しておきましょう。

主賓・准主賓

主賓や准主賓は結婚式当日の受付が終わった後に、頼んだ側の親から渡します。挨拶と一緒に、目立たないよう渡すことがポイントです。

仲人・媒酌人

渡すタイミングは披露宴が終わった後です。両家の親が一緒に、別室で「お礼」とはわけて渡します。

遠方からのゲスト

親族かどうかによって渡し方が異なります。親族の場合は、結婚式当日に親から挨拶と一緒に渡します。一方、親族でない場合は受付に預けて渡してもらいます。

このように、お車代は結婚式当日に親から渡してもらう場合もあるので、スムーズに渡せるよう事前によく打ち合わせをしておきましょう。

普通の封筒に入れて渡すのはNG!

お車代を渡すときはゲストとの関係によって渡し方が異なるということの他に、入れる封筒にも注意する必要があります。

まず、入れる封筒の格の違いはお車代の金額によって変化します。1万円以下ならポチ袋に、1万円以上の場合は祝儀袋に、5万円を超える場合は格の高い祝儀袋を選んでください。

その他、結婚式のお車代を入れる場合は縁起を担いで、結びきりで10本の水引、のしが付いているものを選びましょう。

毛筆か筆ペンで表書きを書きます。新札の準備や表書きを書く必要があるので、早めの準備が大切です。

遠方からのゲストのお車代まで用意できないときの対処法

結婚式に出席するゲストが多い場合や予算が少ない場合など、遠方からの交通費を全額用意するのが難しいことがあります。そうした場合は、全額ではなく一部のみの負担でも問題ありません。

例えば、北海道や沖縄から飛行機で出席するゲストには5,000円ほどを渡すこともあります。その他、お車代を出さない代わりにご祝儀を辞退する方法も可能です。

しかし、いずれの方法でもゲストに何も伝えないというのはトラブルの元になるので避けてください。必ず事前に連絡して事情を説明しましょう。

お車代は渡す相手によって金額や渡し方が変化します。結婚式に参加してもらう感謝の気持ちを示し、今後も円滑な関係を結ぶためにマナーを守ってお車代を渡してください。紹介してきた方法を参考に、ゲストと新郎新婦双方の負担が大きくならないようにしましょう。

北九州エリアで人気No1結婚式場はこちら!

Contents

トップページ