カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

北九州・小倉エリアで人気の結婚式場リスト

こだわりで選ぶ おすすめの結構式場

HOME » 計画をしっかり立てよう!結婚式までの準備スケジュール » 結婚式の内祝いは早めに準備しましょう

結婚式の内祝いは早めに準備しましょう

ここでは、結婚内祝いの相場や贈る時期についてみていきましょう。

頂いたご祝儀の3分の1が相場

結婚内祝いとは、結婚式で頂いたお返しのことを言います。披露宴に出席できなかった方がお祝いを贈ってくれた時は、結婚内祝いとしてお返しします。結婚内祝いの相場はご祝儀・結婚祝いの半分~3分の1です。

親族から高額のお祝いをいただくこともあるかと思いますが、その時は半分のお返しにすると大きな額になってしまうので、3分の1にしておくといいでしょう。

1ヶ月以内にお返しするのがマナー

結婚内祝いを頂いた時は、早めに贈ることが大切です。1ヶ月をこえると失礼にあたるので、1ヶ月以内にはお返しするようにしましょう。

お祝いは結婚式前後にもらうことが増えてきていますが、どなたからもらったのかしっかり把握しておくことも大切です。リストを作るなどして、忘れないようにしておきましょう。

また、相手が入院している場合、喪中の時などは四十九日があけるまで待つなどして相手の状況を確認しながら贈るようにします。

この時に注意していただきたいことは、熨斗をつけてお返しする場合は「お祝い」から「お礼」の表書きにして贈るなど、相手に配慮することも大切です。

内祝いに喜ばれる品物

結婚内祝いで喜ばれる品物は、自分で買う機会のない高価なものが喜ばれます。例えば、高級タオルや有名ブランドの食器、限定スイーツなどです。

また、結婚式の引き出物を贈ることも可能です。内祝いとして頂いたものに見合った品物を贈るようにしましょう。

品物選びに迷ったら、ゲストにカタログギフトを紹介すると良いでしょう。

お礼の言葉をしっかり伝えましょう

お祝いを頂いた時に忘れてはいけないことは、お礼の言葉を伝えることです。

遠くに住んでいる方であれば、受け取ったことを連絡しお礼の言葉を忘れずに伝えるようにしなければなりません。できればメールではなく、電話でお伝えする方が好ましいです。

北九州エリアで人気No1結婚式場はこちら!

Contents

トップページ