カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

カップルもゲストも大満足! こだわりの結婚式場特集~北九州・小倉編~

北九州・小倉エリアで人気の結婚式場リスト

こだわりで選ぶ おすすめの結構式場

HOME » 結婚式をばっちり盛り上げる!余興とプログラムのおもてなし » 迷惑になる恐れもある?結婚式スピーチのお願いマナー

迷惑になる恐れもある?結婚式スピーチのお願いマナー

主賓のスピーチは誰に頼むのが良い?

主賓のスピーチや友人スピーチなど、結婚式でスピーチを聞くことで新郎新婦の人となりやどういった経緯があるのかなどを知ることも多いものです。またスピーチをする人によっても、その際の雰囲気や、スピーチで出てくる人となりの面も異なります。誰に依頼するかは効果や印象なども考えて依頼すると良いでしょう。

みんなは誰に頼んだ?依頼相手別口コミチェック!

  1. 職場の上司
    • 上司にスピーチをお願いしました。良い感じで場が引き締まっていた気がします。(30代/女性)
  2. 学生時代の恩師
    • 式には学生時代の仲間が多いし、人前で話すのに慣れているので先生が適役だと思いました(30代男性)
  3. 親戚・友人
    • よく知っている人が一番と思い、幼稚園から高校まで一緒の友人にお願いしました(30代女性)

スピーチなしというパターンも人気

スピーチを依頼しないケースって?

昨今では様々な理由から、結婚式でスピーチを依頼しない夫婦も多くいます。
どういった理由からなのか見てみましょう。

  • アットホームな式にしたい
  • スピーチとなると改まって聞くものという感じがして、堅苦しいと感じてしまう人もいます。

  • 頼める人がいない
  • スピーチを頼みにくかったり、頼めるほどよく知った関係の人がいなかったりすることもあります。無理に頼める人を探すよりも省いて、参加者との話や写真撮影に回すというケースも多くあります。

  • ゲストに緊張せず楽しんでほしい
  • スピーチは依頼された人によっては、緊張してしまい、十分に楽しめなくなるかもしれません。ゲストに楽しんでもらうために、スピーチをあえて依頼しない選択をする夫婦もいます。

  • スピーチ時間を削減して食事や歓談をゆっくりしたい
  • 主賓に友人に恩師になどスピーチが多いと、食事にありつくまで時間がかかるなどの問題もあります。食事や歓談を優先したいので、スピーチを行なわないという結婚式を選ぶこともできます。

スピーチの有無はどっちがいいの?

行ないたい結婚式の雰囲気に合わせて、スピーチが必要かを考えてみると良いでしょう。進行や余興の兼ね合い、結婚する家族との話し合いなどからスピーチを省くか行なうか考えてみましょう。

迷惑にならないスピーチのお願いマナー

  • 結婚することを報告する
  • メールやSNSなどでの報告ではなく、可能な限り直接顔を合わせて報告するのが良いでしょう。もし遠方の相手などであれば、電話か招待状とは別に手紙を用意して報告するようにしましょう。

  • 結婚式への出席を承諾してもらう
  • 無理に押し付けないようにしましょう。遠方であれば、車代など相手が出席しやすい心遣いを行なうことを提案することが重要です。相手の都合を考えて、出席しやすい環境作りが必要です。

  • 主賓としての出席を承諾してもらう
  • 出席をしてもらえるならば、主賓の祝辞をしていただけるか確認しておきます。主賓でも乾杯だけや祝辞をしてくれるのかなどお互いに食い違いがないように、しっかりお願いできるのかを聞くようにしましょう。

招待状作成前後でのお願いマナー

招待状作成前の依頼

依頼する時期にまだ招待状ができていない場合は、直接相談し、招待状は後日改めて渡す旨説明してから当日に主賓としてスピーチを依頼できるかお願いしましょう。招待状が刷り上がったら、できる限り手渡しがオススメです。

招待状作成後の依頼

招待状があれば、それに祝辞を依頼する旨の付箋を同封したものを手渡しで渡すようにしましょう。事前に相談しておき、挙式2か月前までには手渡ししましょう。相手が遠方にいる場合は、事前に手紙や電話相談してから、招待状と付箋を送ると良いでしょう。

お礼は重要!心づけは忘れずに

心づけは何を用意すれば良い?

スピーチをお願いしたら、当日に渡す心づけの準備をしましょう。一般的に心づけにはどういったものがあるのか見てみましょう。

  • お礼金
  • 表書きに御礼と記載し、手渡しする心づけです。相場は1万円程度とされています。目上の方には金額を大きくするよりも、高品質な品物を一緒につけて渡す方が良いでしょう。

  • お車代
  • 表書きには御車代と記入し、1万円程度入れて品物と一緒に渡す心遣い。気を遣わせないためにお車代として贈る人も多くいます。お礼金同様で、品物と一緒に手紙などを添えて手渡しするのがオススメです。

  • 商品券
  • 目上の人に現金を渡すのは失礼にあたるという考えを持つ人はいます。そのため、現金でなく、商品券を1万円~3万円分包んで渡す方法があります。時間を割いてスピーチを考えたり、話をしてくれたりすることへの御礼なので、相手により良い方法で心づけを渡す方法を考えるようにしましょう。